転職・円満退職するための知識

「転職したい」・「会社を辞めたい」・「退職理由を何と言えばいいのか?」など、会社を円満に退職して「転職」を実現させるためには、どのようにすればよいのだろう?

退職の意思表示は、会社の上司への正しい切り出し方とタイミングが重要です。このタイミングが、円満退職になるか・どうかのポイントなのです。

この退職の意思の伝え方によっては、逆に会社を辞めにくくなったり・トラブルの原因になったりすることもあるのです。つまり、伝え方次第で円満退職とは全く異なるケースに発展する場合もありますので、十分注意して下さい。

退職して会社を辞めたとしても、その会社の人間と今後も関係があったり、転職先によっては仕事で再び顔を合わせたりするケースもあるのです。

転職して、さらに円満退職するためには、正しい退職の切り出し方、タイミング、上司への伝え方について詳しく説明します。

転職先を決めるのが先? 退職するのが先? 正解は?

転職するのに転職先を決めるのは、「在職中」それとも「退職後」・・どちらが先か悩んでいませんか?

在職中と退職後のどちらにもメリットとデメリットはあります。

多くの人は在職中に決めたほうがいいと言うかもしれません。しかし、仕事で忙しい退職前に転職先を決めるというのは、現実的にかなり大変なのが実情です。

退職前・退職後のどちらで決めた方が良いかを悩んでいる方のために、それぞれのメリット・デメリット、また退職前に転職先を決めるための最もよい方法を説明します。

転職先を決めるのは、在職中が良いに決まってるという人は多いですはずです。なぜなら失業期間を短くすることができるというメリットが非常に大きいからなのです。

退職後に転職先を決めようとすると、非常に長い失業期間が生じてしまいます。失業している間は非常に不安定な生活になりますし、お金の心配などから条件にこだわることなく安易に就職先を選択してしますというリスクがあるのです。

そこで、私は「転職エージェント」を利用するのが最前の方法だと考えます。

 

転職活動の流れやタイミング

さらなるキャリアアップを目指したい、仕事の幅を広げたい、など転職を希望する理由は人それぞれだと思います。

転職したい・転職するという意思が固まったら、しっかりと事前準備をして転職活動を進めていく必要があるのです。

自分に最適な転職時機を見極めよう

「転職したいけれど、タイミングがわからない」と悩んでいる方が多いと思います。

中途採用の求人募集は年間を通じて行われますが、3月と9月が最も活発になると言われてます。
日本の多くの企業では、4月から上半期、10月から下半期がスタートするため、その時期の入社を見込んで中途採用を実施することが多いからなのです。

求人が増えるこの時期を目安に転職活動すると、希望の求人に出合える可能性が高くなります。

ただし、求人が多くなるということは、ライバルも当然多くなります。そこで、希望条件に当てはまる求人があったらいつでもすぐに応募できるよう、日頃から応募書類などを揃えておくことが重要です。

転職活動期間は3か月程度が一般的

転職を決意し、自分にとって最適な転職タイミングを決めたら、転職活動のスケジュールを立てることが重要です。

個人差はありますが、入社するまでにかかる期間は、おおよそ3か月程度が一般的です。

入社希望時期から逆算して活動を開始しましょう。

在職しながら転職活動をする場合は、普段の業務に支障をきたさないよう、スケジュールには余裕を持たせて活動しましょう。

転職サイト・転職エージェントの活用方法

大手求人サイト「リクナビNEXT」の調査によると、転職者が内定獲得までに応募する企業の数は平均18社です。

つまり、転職するためには非常に多くの時間と労力がかかるのです。
たとえば、自己分析やキャリアの棚卸し、履歴書・職務経歴書の作成、求人検索、模擬面接、スケジュール調整など、転職にあたってやるべきことはたくさんあります。

転職エージェントを活用して効率的な転職をしよう

このような転職活動に伴う時間と労力をできる限り軽減し、効率良く転職活動するために、様々なサポート・助言を行ってくれるのが「転職エージェント」なのです。

企業と転職者の仲介を行う転職エージェントは、その職務上、豊富な求人や個々の企業に関する詳細な情報を持ち、応募書類の作成方法・企業面接のノウハウにも精通している、まさに転職のプロなのです。

転職エージェントが独自に持っている非公開求人とは

転職エージェントを使うメリットとして無視できないもう一つのポイントが「非公開求人」です。

非公開求人とは、その転職エージェントが独自に持っている求人案件で、企業がエージェントに人材の絞り込みを任せているため外部には公開されておりません。

求人サイトや企業の採用ページをチェックするだけでは把握できないこれらの案件にアクセスできるのも、転職エージェントの大きな強みなのです。

また、このような非公開求人を数多く持っているということは、その転職エージェントには実績があり、企業側からかなりの信頼を得ている証拠とも言えます。

転職エージェントを使うメリット

  • 転職のプロである転職エージェントのキャリアコンサルタントが、求職者の市場価値を分析
  • 個々の企業に関する詳細な情報をもとに求職者の転職をサポート(社風、配属先の雰囲気、求めている人材、面接官の人物像、過去の面接の成功例や失敗例など)
  • 応募書類や面接に関する指導・アドバイスを受けられる
  • 公開求人に加え、転職サイトでは取り扱いのない、非公開の求人情報を得られる

転職エージェントとの面談は転職成功のカギ

満足のいく転職をするためには、転職エージェントを上手に活用できるかどうかが非常に大きなポイントになります。

登録時の面談をないがしろにしたり、担当者との意思疎通がうまくいかなければ、せっかくの転職エージェントのメリットも充分に生かすことができません。

登録面談の印象は、そのまま転職エージェントから見た転職者の印象にもなるのです。

そこで登録面談の際は、キャリアコンサルタントと良い関係を築くことも転職活動の一環であることを意識したうえで、受け答え・マナー等を意識して下さい。

面談時のポイント

  • 前職の愚痴を言い続ける等、マイナスの印象を与える対応はしない
  • キャリアコンサルタントの面会時に最低限の礼儀をわきまえる等、社会人としてのビジネスマナーを意識する
  • 志望業界・職種を聞かれた場合は詳しく伝える(仕事内容、職業名、勤務地域、雇用形態、給与の目安、譲れない条件、志望動機など)。ここでの質問にどう回答するかで今後の紹介案件が決まる
  • 面談での受け答えで転職エージェントに与えた印象が書類選考を左右する

転職先が決まったら会社へ退職を伝える

「退職願や退職届を、いつどのタイミングで伝えるべきか」と悩むと思います。

転職先が無事に決まりそうで、あとは今の職場を退職するだけ、となると、ついつい気が緩みがちになります。

しかし、退職を申し出るにあたって気をつけておくべきポイントを押さえておかないと、会社との間でトラブルに発展してしまうこともあります。

退職の意思を職場に伝えるということは、平たく言えば「私は今後この会社で働くつもりはありません」と知らせることなのですから。

トラブルなく退職するいわゆる「円満退職」というのは、実はそれなりに気を遣うことの多い重要な作業なのです。

「退職の申し出」・「退職願・退職届」の最もよいタイミング

転職が決まり会社に退職の申し出をする必要が出てきた場合、その「退職の申し出」から「退職願・退職届」、そして「有給の消化」と「引継ぎ」までのスケジュールを考えることが大切です。

特に意識したいのが、「引継ぎ期間」と「有給消化」の兼ね合いを考慮したスケジュールでしょう。

引継ぎは、貴方だけではなく後任者のスケジュールを調整して行う必要がありますので、退職の申し出をしてすぐに開始できるとは限らないのです。

退職日間近に申し出をしたせいで、思うように引継ぎを完了できなかったり、もしくはあなた自身の有給休暇の消化が予定どおりできなかったりもします。

こういった事態が起きないように、退職の申し出は退職日の1か月半~2か月前を目途に行うとよいでしょう。

「円満退社」をしてトラブルは避けよう

次の職場が決まっているのであれば、辞める会社に対してさほど気を遣う必要などないのでは?と思う方もいるかもしれません。もう関係ない会社だからと・・。

まして、職場に対して不満があるので転職することに決めた人にとっては、いっそのこと不満をぶちまけて辞めてやりたい!と思ってしまうかもしれません。

たとえそういった状況でも、退職するにあたって必ず目指したいのは「円満退社」です。

なぜ円満退社が望ましくて、そしてなぜ退職時にトラブルが発生するのは防いだほうがいいのかというと、それにより「これまで培った前職との人たちの[繋がり]や[関係性]」を、退職後にも維持していけるから」です。

特に、前職と近しい業界での転職になる際は、ふとした経緯で前職の方々と接点を持つことは決し少なくはありません。

つまり、前職での同僚は、転職後においてもあなたにとって信頼し合えるビジネスパートナーになりえるからなのです。

周囲の人への配慮が「円満退社」する秘訣

会社内の誰かが退職するとなれば、多かれ少なかれ、その影響で仕事が増えるなど、迷惑を被る人が当然出てきます。

会社を辞めるということは、誰かに迷惑をかけることに他ならないのです。

ただし、退職する本人が「お世話になった皆さんになるべくご迷惑をおかけしたくない」という気持ちを行動で示していれば、そのような配慮は周囲の人に伝わるものです。

業務の引き継ぎのためにていねいに準備をし、引き継がれる側の人が困らないように細やかな気配りをしていることが伝われば、「辞めるなんて迷惑だ」といった負の感情を和らげることができることでしょう。

周囲への配慮は、場合によっては円満退社を後押しする強力な武器にもなり得るのです。

Copyright © 2020 転職・退職の知恵 All rights reserved.